スピーディな取引可能なFX証券会社の調査

ひまわり証券・マネーパートナーズ・ヒロセ通商の中でスピーディな証券会社を調べてみました! - スピーディな為替取引(FX)の為には

スピーディな為替取引(FX)の為には

我々トレーなどしては、やはり取引画面などは非常に長時間を費やす事だと思います。長時間を費やすだけに、やはりそれが使いやすいものになっているかどうかは非常に重要だと思います。
それはもちろん画面のカラーに関しても同様です。やはり画面のカラーが目に悪いのでは、ちょっと色々とストレスを覚えてしまう事などにもつながるだろうと思います。

また取引をするのですから、そもそもどのような注文方法があるのかなども重要だと思います。
さらに人によっては、非常にスピーディーな注文を求めている事などをいともいます。特に雇用統計が発表されているときなどは、非常にスピーディーな注文は求められるもんです。ほんの0.5秒くらいの差でも、売買のチャンスを逃してしまう事にもつながりかねません。かなりスピードは重要だと思います。

ところでマネーパートナーズの場合は、注文をする方法は2つあります。1つ目はいわゆるHyperSpeedと呼ばれるチャート重視のツールを用いて注文をするものです。もう1つは、マネーパートナーズにログインをして用いる取引画面となります。どちらもパソコン版です。

マネーパートナーズによると、この取引画面には主に3つのポイントが存在するのだそうです。
まずは先ほど申し上げたが、注文方法は色々と完備されているという点です。そして2つ目は、その注文の取引画面を色々とカスタマイズができるという点です。そして3つ目は、その注文が非常に速やかにできるという点です。

以下においてこれらを細かく解説をさせて頂きたいと思います。総合的には非常にスピーディーで使いやすいものになっているかと思います。

マネーパートナーズのあれこれ!

まず1つ目ですが、色々な注文方法が完備されているという点です。
マネーパートナーズで現状完備されている注文方法は、6種類となります。もちろん通常の成行の注文にも対応しています。
現状のマネーパートナーズでの注文は、いわゆる成行での注文と指値があります。そしてもちろんその指値をいくつか組み合わせた注文方法などもあります。まあキャンペーンなどでキャッシュバックを習う際には、この複数の指値を組み合わせた注文方法などは非常に重要になってくるかなと思います。

さらに2つ目のポイントですが、色々な画面が用意されているという点です。
やはり人によっては画面の宮さんとはかなり重視している方々もいらっしゃると思います。以前にマネーパートナーズの会社ではなく、どこかのFX会社で取引画面を使っている人がいらっしゃいました。どうもその方はそのFX会社の取引画面が色々と見づらく、なかなかストレスを感じてしまったようなのです。色遣いの問題など色々なストレス要因などがあったようです。
マネーパートナーズの場合は、非常に多彩な画面が用意されているのだそうです。現状公開されている範囲では、だいたい6種類の画面の色遣いが存在するようです。その中から自分好みの色を選べますので、かなり目に優しい取引などもできるものと思います。

ちなみに私はそれは中で緑色のものを用いています。人それぞれ色の好みというものもありますので、自分に合ったものを選んでいただければと思います。

まあ確かに色を変えたからといって利益に直結するというわけではありませんが、やはり取引画面というは長時間を要するところです。それだけに色々なカスタマイズができるのは重要なポイントではないかとも思ってます。

そして3つ目のポイントですが、マネーパートナーズの場合は非常にスピーディーに注文できるというメリットもあります。

私が過去に用いていたFX会社で、注文するまでに非常にクリックの数が必要だった事があります。スピーディーに注文したいにもかかわらず、クリックの数がかかっているのです。それはやはりユーザーとしては非常にストレスを感じるところだと思います。

ですがマネーパートナーズの場合は、クリック1回だけで注文が可能となります。それはやはり雇用統計などスピードを求められる状況においては非常に重要な要素になってくるものです。もちろん雇用統計のみならず、いわゆる経済指標のタイミングなどにおいてもスピードが求められます。
マネーパートナーズという会社は全般的にスピードを重視している一面があります。口座開設のスピードなどは非常に早いです。またチャートでも非常に作業をスピーディーに進められるかなと思います。つまりマネーパートナーズの場合は、価格分析でも注文方法でも口座開設でも非常に色々なところでスピーディーに物事を進められるというメリットがあるわけです。
マネーパートナーズで注文を発注するには、一度ロックを外す必要はります。恐らく私はそのロックはわざと付けてあるのだと思います。

思うに為替レートというのは、1クリックだけで注文ができてしまうのは恐ろしいと思います。うっかりクリックで大損が発生しては大変です。
マネーパートナーズではうっかりクリックで注文が成立するのを防ぐ機能なども備わっているわけです。そういう意味で、非常にマネーパートナーズの取引画面は親切な設計になっているなと思います。

以上がマネーパートナーズのパソコン版の取引画面の大まかなポイントになります。全体的には何事もスピーディーに実行できるようになっていますし、使いやすいものになっているかと思います。

外為どっとコムのトレール注文

ところでそのポジションを建てる際には、もちろん注文をしなければなりません。注文をするとあらば、やはりFX会社がどのような注文方法を完備しているかは重要な要素と言えます。

現時点の外為どっとコムが完備している注文方法は、11種類なのだそうです。そしてそれらの注文方法の中には、非常に重視できないものが有ります。それはトレール注文です。
実は以前の外為どっとコムにはトレール注文がありませんでした。これも恐らくユーザーからの声を反映してくれたのかもしれません。

トレール注文というのは、トレンドを追求したい時には非常に有用なものの1つです。
逆指値を切り上げる事で、リスクを限定できるメリットがあるからです。
まあ確かに手入力で逆指値を入力して行っても良いのですが、それは時間がかかります。キーボードを用いることにもなりますので、注文の遅れにもなりかねません。
しかしトレール注文でしたら逆指値を自動的に動かしてくれるので大変便利です。
先ほど複数の時間軸の足を一度に表示できる機能が完備されていると書きましたが、それと一緒にトレール注文を用いるとかなり効果を発揮してくれるようにも思います。平均足なども一緒に用いると、より正確にトレンドに乗れるかなとも思います。

もちろんそれ以外にも色々な注文方法が完備されています。特にキャンペーンの時に効果を発揮するIFO注文も完備されています。IFO注文を上手に用いれば、キャンペーンでの損失を限定できるというメリットも有ります。
注文を速やかに実行できる機能
他にも色々と便利な機能があります。

例えばパスワードです。パスワードの入力をするというのも、考えてみると色々と手間がかかるものです。しかし外為どっとコムの場合は、パスワードを保存しておける機能なども完備されているようです。
また指値や逆指値の幅を事前に設定しておくことで、かなり注文を速やかに実行できる機能などもあります。デイトレーダーにとっては、これは意外と重宝する機能だと思います。
また、外為どっとコムではある一線に到達した時にはメールで教えてくれる機能も完備されています。最近の米ドルの100円のバリアなどもその1つです。メールでそれを教えてくれるのは、意外とサラリーマンの方々にとっては重要だろうと察します。

これ以外にも色々と機能は完備されています。リッチアプリ版の主要な機能は、大体以上申し上げた点になると思います。

まあ全体的に外為どっとコムのリッチアプリ版の機能を見てみますと、とにかく速やかに注文ができる機能が充実しているかなと思います。
とにかく一昔前と比べると、大手のマネックスFX口コミサイトでも評価されているとおりだいぶ使いやすくなっているように見えます。機能を改善し続ける外為どっとコムの姿勢には、大いに好感を持てます。
そしてチャートにコメントを残せる機能などは、私は非常に便利だと思います。他社でこの機能が完備されている業者は、意外と限られているのです。

外為どっとコムのリッチアプリ版は、かなり「要点を抑えたツール」だと思います。そういう意味で、外為どっとコムで口座開設をするのは大いに有用なものだと私は思います。

複数の通貨を扱う場合

外為どっとコムのリッチアプリ版では、画面をある程度自由にカスタマイズできるメリットもあります。思うに取引画面というのは、デイトレーダーの方々は非常に長時間の時間を費やすページです。長時間を費やすからには、やはり画面が使いやすいものなっているに越した事はありません。

例えば、注文画面をとてもコンパクトにする事もできます。皆様の中には、複数のウィンドウを用いてパソコンで作業をしている方々もいらっしゃるかもしれません。メイン画面でインターネットで検索をし、小さなウィンドウではタイマーでも設定している方もいらっしゃるかもしれません。

それと同様にメインのウィンドウではインターネットで調べ物をし、小さなウィンドウで為替レートを表示できる機能なども外為どっとコムのリッチアプリ版には完備されています。
また、その注文画面を一度に幾つも表示できる機能などもあります。注文画面Aには米ドルを表示させ、Bはユーロ円でCはユーロドルなどと複数の通貨の注文画面を表示できる機能なども存在するのだそうです。

また先ほど複数の時間軸の足を一度に表示できると書きましたが、複数モニタを用いて更に色々な事ができるようになります。モニタAには為替レートや注文画面などを表示させて、Bにはチャートを複数表示させる事などもできるのです。これにより大局観を速やかに把握して、速やかに注文できるようにもなります。現にプロのトレーダーの中には、2つどころかもっと大量のモニタを用いてトレードをしている方もいらっしゃるようです。

このように取引画面をカスタマイズできるのは、やはりデイトレーダーにとっては嬉しい機能だと私は思います。

Copyright(C)2014 スピーディな取引可能なFX証券会社の調査 All Rights Reserved.